技術情報
Flash Lite仕様
登録

何らかの方法でEMnet対応端末に取り込まれたFlashコンテンツを登録することが可能となります。
ただし、全ての登録可能シーンへの登録が許容されるのではなく、コンテンツの指定に従った登録が可能となります。登録における概要を説明します。

データ種別と登録シーン

コンテンツではFlashコンテンツがどの登録シーンに登録可能かを判断する属性(conkind)が付与されます。下表にその属性を記します。

属性値

データ
種別名称

登録可能シーン

内容

disp

待受設定専用データ

・待受画面

待ちうけ画面設定専用とする。
登録時のLED/VIBに関してはこれを許容しない。

mldy

着信音設定専用データ

・着信音
・メール送受信画面

着信/メール送受信設定専用とする。
登録時のLED/VIBに関しては音楽ファイル、もしくはActionScriptに依存する。

app

ゲーム専用データ

・待受画面

待受画面への登録を許容する。
登録時のLED/VIBに関してはこれを許容しない。

menu

メニュー設定専用データ

・メニュー

メニューへの登録を許容する。
FlashコンテンツへのLED/VIBに関してはこれを許容しない。

無し

待受設定専用データ

・待受画面

待ちうけ画面設定専用とする。
登録時のLED/VIBに関してはこれを許容しない。

 ※"conkind"が存在しないデータに関しては全て"待受設定専用データ"となります。

文字入力

Flashコンテンツではユーザによる文字入力を可能としています。
入力可能な文字種別に関してはFlashコンテンツの指定に従います。

SetInputTextType

登録可能シーン

FEP起動
初期モード

入力可能文字種別

Numeric

数字のみ

半角数字

半角数字

Alpha

英字のみ

半角英小文字

半角英字

AlphaNumeric

英数字のみ

半角英小文字

半角数字、半角英字

Latin

英数字
半角記号のみ

半角英小文字

半角数字、半角英字、半角記号

NonLatin

英数字
半角記号以外

全角かな

全角かな、全角カナ、全角数字
全角英字、全角記号、絵文字

NoRestriction

制限無し

全角かな

全角かな、全角カナ、全角数字
全角英字、全角記号、絵文字
半角英字、半角数字、半角記号

EMnet対応端末内連携機能

Flashコンテンツに指定されたgetURL()を利用することにより、他機能を呼び出し、連係動作を行うことが可能となります。

URLTo:

URL接続を可能とし、getURL()ではGET/POSTに対応しています。
"http://"もしくは"https//"以降に記載されたURLへの接続動作を行います。
接続時におけるUser-Agent文字列は通常のブラウザ接続と同様の値が設定されます。

MailTo:

メーラ起動を可能とする。"mailto:"以降に記載された文字列を利用し、メール作成画面を起動します。

TelTo:

電話発信を可能とする。"TelTo:"以降に記載された文字列を利用し、発信画面(もしくは発信前画面)に遷移します。

タグ指定
インライン再生タグ

<object>タグの指定

タグ

属性

属性値

内容

<object>

data

url

データ指定URL文字列指定

height

length

表示高さ指定

width

length

表示幅指定

standby

text

データ未取得時の文字列指定

type

Content-type

Content-Type指定

application/x-shockwave-flash

copyright

yes

データ保存(移動機への)不可指定

no

データ保存(移動機への)可能指定

(指定無し)

データ保存(移動機への)可能指定("no"と同様)

private

yes

データ保存(移動機への)不可指定

no

データ保存(移動機への)可能指定

(指定無し)

データ保存(移動機への)可能指定("no"と同様)

mediaout

yes

外部メモリへの保存不可指定

no

外部メモリへの保存可能指定

(指定無し)

外部メモリへの保存可能指定 ("no"と同様)

<param>

name/value

name="bgcolor"

value="color_name"

(value="color_code")

背景色の指定

指定が無い場合にはFlashコンテンツ内の設定を有効とする

name="quality"

value="quality_type"

画質を指定

"quality_type"には"high"(高画質)、"medium"(普通)、"low"(低画質)が入る

本記載が無い場合のデフォルト値は"high"となる

name="loop"

value="true/false"

再生回数を指定

valueがtrue(もしくはon)の場合には連続再生

valueがfalse(もしくはoff)の場合には1回のみ再生

本記載が無い場合のデフォルト値は"true"となる

name="conkind"

value="kind_type"

データ種別を指定

"kind_type"="disp"は待受設定専用データ

"kind_type"="mldy"は着信設定専用データ

"kind_type"="app"はゲーム専用データ

"kind_type"="menu"はメニュー専用データ

指定が無い場合は"disp"と同様の扱いとなる

※保存可否として、コンテンツとしては"copyright"もしくは"private"のどちらかが記載されていれば有効となる。

※"copyright"、"private"で異なる値("yes"と"no")が指定されていた場合、"yes"の設定に従う。

 

object要素の記述例

<object data="content.swf" height="52" width="52" standby="content" copyright="yes" type="application/x-shockwave-flash">
<param name="conkind" value="disp" />
</object>

インタラクティブ再生タグ

<a>タグの指定

タグ

属性

属性値

内容

<a>

href

url

データ指定URL文字列指定

絶対/相対URLパスのどちらの記載も有効

 

<object>タグの指定

タグ

属性

属性値

内容

<object>

data

url

データ指定URL文字列指定

declare

(declare)

属性だけの記載(属性値)が無くても全画面表示を行う

id

length

objectタグ識別用ID

type

Content-type

Content-Type指定

application/x-shockwave-flash

<param>

name/value

name="bgcolor"

value="color_name"

(value="color_code")

背景色の指定

指定が無い場合にはFlashコンテンツ内の設定を有効とする

name="quality"

value="quality_type"

画質を指定

"quality_type"には"high"(高画質)、"medium"(普通)、"low"(低画質)が入る

本記載が無い場合のデフォルト値は"high"となる

name="loop"

value="true/false"

再生回数を指定

valueがtrue(もしくはon)の場合には連続再生

valueがfalse(もしくはoff)の場合には1回のみ再生

本記載が無い場合のデフォルト値は"true"となる

name="conkind"

value="kind_type"

データ種別を指定

"kind_type"="disp"は待受設定専用データ

"kind_type"="mldy"は着信設定専用データ

"kind_type"="app"はゲーム専用データ

"kind_type"="menu"はメニュー専用データ

指定が無い場合は"disp"と同様の扱いとなる

<a>

eswf

#id

objectタグのID

ファイルのユニーク性を確立

iswf

#id

href

url

objectタグが不正な場合、またはFlashコンテンツ非対応端末がアクセスした場合に遷移させるコンテンツURL

※"copyright"、"private"、"mediaout"の指定は存在しない。ただし、移動機にFlashコンテンツを保存した場合、端末外、外部メモリへの移動不可となる。


object要素およびa要素の記述例

<a href="error.html" eswf="#SWF">再生</a>
<object data="content.swf" declare="declare" id="SWF" type="application/x-shockwave-flash">
<param name="conkind" value="disp" />
</object>

ご利用規約 プライバシーポリシー 企業情報 ワイモバイル