技術情報
ブラウザ仕様
CSS

ブラウザはCSS(Cascading Style Sheets)に対応しています。CSSは外部スタイルシートおよびstyle要素で定義することができます。

id属性・class属性

id属性・class属性の大文字・小文字を区別するようW3Cでは定義されておりますが、EMnet対応端末依存になっています。id属性、class属性の値は大文字・小文字に依存することなくユニークな値にすることを推奨します。

メディアタイプ

EMnet対応端末のメディアタイプは"screen"です。

外部スタイルシートの指定方法

外部スタイルシートはXHTMLドキュメントのlink要素で以下のように定義します。

〜省略〜
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="application/xhtml+xml;
charset=Shift_JIS" />
<title>Sample</title>
<link rel="stylesheet" href="./css/default.css" type="text/css" />
</head>
〜省略〜

セレクタ

ブラウザが対応するパタンは下表の通りです。

パタン

対応

備考

*

推奨する

あらゆる要素と一致

E

推奨する

あらゆるE要素(つまり型E要素)と一致

E F

推奨する

E要素の子孫であるすべてのF要素と一致

E > F

推奨する

E要素の子であるすべてのF要素と一致

E:first-child

推奨する

E要素がその親の最初の子である場合、E要素と一致

E:link
E:visited

推奨する

E要素がハイパーリンクのとき、未訪問(link)または既に訪問済み(visited)である場合に一致

E:active

推奨しない

フォーカスされていてかつ、選択されたとき、一致するE要素
a要素に適用した場合、決定ボタンを押してから離すまでの間

E:hover

推奨しない

フォーカスされていないE要素にカーソルを載せたときに一致

E:focus

推奨する

フォーカス(またはカーソルが乗っている要素)されたとき、一致するE要素

E:lang(c)

推奨しない

E要素に言語が指定されたとき言語(c)と一致

E + F

推奨する

両方が同じ親要素のとき、E要素の直後にあるF要素と一致

E[foo]

推奨する

foo属性(値とは無関係)が指定されたE要素と一致

E[foo="warning"]

推奨する

foo属性と値が一致しているE要素と一致

E[foo~="warning"]

推奨する

foo属性の値がスペースに区切られたリストのとき、そのリストの値の1つが"warning"と等しいE要素と一致

E[lang|"en"]

推奨する

lang属性値の先頭(ハイフンで区切られた先頭)が指定の値と等しいE要素と一致

DIV.warning

推奨する

HTMLのみ。
DIV[class~="warning"]と同じ

E#myid

推奨する

IDが"myid"に等しいあらゆるE要素と一致

ECMAScript

EMnet対応端末はECMAScript(Standard ECMA-262 3rd Edition - December 1999, ECMAScript MobileProfile A Wireless Markup Scripting Language Candidate Version 1.0)が実行可能です。ただし、EMnet対応端末の設定によって実行できない場合があります。

スクリプトはXHTML(HTML)ドキュメントのインラインおよび外部スクリプトへ記述することができます。type属性値は"text/ecmascript"を推奨します。

インライン記述例

省略
<head>
<title>Sample Script1</title>
<script type="text/ecmascript">
<!--
スクリプトを記述する
//-->
</script>
</head>
省略

外部スクリプト記述例

省略
<head>
<title>Sample Script2</title>
<script src="./script/sample.js"></script>
</head>
省略

ご利用規約 プライバシーポリシー 企業情報 ワイモバイル